Profile

沖仁

フラメンコギタリスト

1974年生まれ。14歳より独学でエレキギターを始め、高校卒業後、カナダで一年間クラシックギターを学ぶ。その後、スペインと日本を往復し20代を過ごす。2000年5月帰国。

02年「Una mañana en Bolivia(ボリビアの朝)」をリリースし、06年メジャーデビュー。07年NHK大河ドラマ「風林火山」紀行テーマ曲を担当。2010年7月、スペイン三大フラメンコギターコンクールのひとつ「第5回 ムルシア “ニーニョ・リカルド” フラメンコギター国際コンクール」国際部門で優勝。日本人として初の快挙を成し遂げ、コンクールに挑む様子を密着取材したTBS系「情熱大陸」がオンエアされ、大きな反響を呼ぶ。

13年、各界のトップ・アーティストを迎え、ジャンルを超えた音の対話を繰り広げるコラボ・アルバム「Dialogo [ディアロゴ] ~音の対話~」をリリース。14年秋より、フジテレビ「ヨルタモリ」に常連客として度々出演。15年、トップ・ジャズ・ギタリスト渡辺香津美との熱い共演を収録した2枚組ライブ・アルバム「沖仁 con 渡辺香津美/エン・ビーボ!~狂熱のライブ~」をリリース。またEXILEのシングル曲「情熱の花」を作曲、演奏。16年、野村不動産「PROUD」TVCM楽曲のプロデュースと演奏を担当した他、人気フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」で主人公のショートプログラム曲を演奏し話題となる。デビュー15周年を迎えた2017年、オリジナルアルバム「Clásico[クラシコ]」をリリース、7月には東京オペラシティコンサートホールで「沖仁 デビュー15周年記念公演15 -QUINCE-」を開催した。

現在は東京を拠点にし、ソロ活動を中心に、国内外のアーティストとの共演、プロデュース、楽曲提供、また、能、長唄、狂言、朗読、バレエなどとの、ジャンルを超えたコラボレーションも精力的に行っている。

2018年10月31日には日本スペイン外交関係樹立150周年を記念して、スペインに由来する楽曲を収録した最新作「Spain」をリリース。11月~12月にはホールツアー「沖仁 CONCERT TOUR 2018」を開催予定。

■主な共演、楽曲参加アーティスト
セラニート、マヌエル・アグヘータ、ハビエル・コンデ、渡辺香津美、葉加瀬太郎、coba、東儀秀樹、菊地成孔、押尾コータロー、上妻宏光、村治佳織、木村大、タモリ、大貫妙子、郷ひろみ、玉置浩二、近藤真彦、松田聖子、中森明菜、石井竜也、石丸幹二、徳永英明、福山雅治、槇原敬之、平原綾香、宮本笑里、Jazztronik、MIYAVI、NEWS、EXILE、Silent Poets、J.A.M、BONNIE PINK、畠山美由紀、他多数。

JIN OKI

Born in ’74 in Japan. Jin Oki started playing electric guitar when he was 14. He played many kinds of music such as rock, blues and folk. When he was 18 he studied classical music in Canada. At 20, he started playing Flamenco, after he saw a concert of Vicente Amigo in Japan. In 1996 he started living in Madrid and learned Solo- style Flamenco Guitar with Victro Monge “Serranito”. From 1997 to 2000 he lived in Jerez de la Frontera (Andalucía) and learned accompany to Cante and Baile with lots of local artist.

In 2002, his first solo album “Una mañana en Bolivia” was released. The song “Fantasma2” gained the prize of the best recording award of Japan (in the jazz/classic genre). In 2010 he gained the special 1st international prize (non-Spanish nationality) in the competition of Flamenco Guitar “Niño Ricardo” in Murcia, Spain.

In 2013, Jin Oki released a collaboration album “Dialogo” which featured top Japanese artists such as Kazumi Watanabe, coba, MIYAVI, Kotaro Oshio, Toshimitsu Agatsuma, and Tokyo Philharmonic Orchestra. Successor of the album is “Clásico”, an album with a classical approach which came out in 2017. With the world famous Jazz Guitarist, Kazumi Watanabe, Jin is also known for his activities as a guitar duo “Jin Oki con Kazumi Watanabe”. When Paco de Lucía’s guitar traveled to Japan, he was the only Japanese musician to play the guitar. He has collaborated with numerous musicians such as Manuel Agujetas, Javier Conde, Koji Tamaki, Taro Hakase, Shinichi Fukuda, to name a few, as well as Japanese traditional artists such as Hideki Togi, Noh and Kyogen artists, where he pursues a daring collaboration. Appearing on TV programs and writing pop songs for the likes of EXILE, and also playing guitar on the soundtrack for the famous anime “YURI!!! on ICE”, Jin Oki continues to break new ground.

Not only in Japan and Spain, but Jin Oki has done lots of concerts in many countries as Italy, France, China, Nepal, Laos, Bolivia, Cuba, Brazil and Argentina. Jin Oki’s guitar sounds Flamenco, but he has very unique musical back ground which make his music special. Jin Oki keeps playing his original Flamenco, paying respect to the root of Spanish Flamenco.